1818
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
碧玉の巻
第九帖

九分行ったら一休みせよ、
始めから終わりまで休まずに行くと、
今の人民では息切れ致すぞ、
一休みして自分の来た道をふり返れよ。

この世の世話をさすために、
人民には肉体を与えてあるのぞ、
活神がしたのでは堪(こば)れんものが
沢山に出て来るからぢや、
立替、
立直し一時に来ているから、
われよしの人民には判らんことになるぞ、
この世の動きが判らんのは
われよしざからぞ、
今度の岩戸びらきは
五度の岩戸しめを一度にひらくのであるから、
人民には中々に理解出来んことに、
折り重なってくるから、
何事も神の申す通り
ハイハイと素直にきくのが一等であるぞ。
ひふみ神示 - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>