1818
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
上つ巻
第四十一帖(四一)

人の知らん行かれん所で
何してゐるのぞ。

神にはよう分って居るから、
いよいよといふ時が来たら
助けやうもないから、
気をつけてあるのにまだ目さめぬか。

闇のあとが夜明ばかりと限らんぞ。
闇がつづくかも知れんぞ。

何もかも捨てる神民、
さひはひぞ、
捨てるとつかめるぞ、
ひつきのか三。
ひふみ神示 - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>